心を癒すスピリチュアルリーディングで心のブロックを解放すると願望が達成しやすくなります。
JR膳所駅からすぐ。トキメキ坂通りにある健康的で明るい癒しのサロンです。
滋賀県大津市馬場2-6-12 FLAPビル305
  1. 呉越同舟
 

呉越同舟

呉越同舟

呉越同舟(ゴエツドウシュウ)

仲の悪い者同士や敵味方が、同じ場所や境遇にいること。

本来は、仲の悪い者同士でも同じ災難や利害が一致すれば

協力したり助け合ったりするたとえ。

 

中国の春秋時代。

呉の国と越の国は戦争を繰り返すほど仲が悪かったとか。

けれど、両国の兵士が嵐の海に同じ船に乗り合わせていたら

力を合わせて乗り切ることになるだろう・・

と、いう話からこの言葉が生まれたといいます。

この話は現在の家族・夫婦・会社や学校など

あらゆるユニットにおいても同じだと思うビジョンを見ました。

 

ある日サロンにひとりの奥様がお見えになりました。

 

これはその奥様から自分と似た境遇の方へのお話として

ぜひ公開してくださいとのことでしたので

シェアさせていただきます。

 

この奥様がサロンにみえた理由は

「夫婦仲が修復不可能なほど悪いが離婚が出来ない状況で辛い」

というものでした。

 

色々なお話をお伺いしているときに

奥様の目の奥にこんなビジョンを見たのです。

 

それはまさしく嵐の海の上。

一組の夫婦を乗せた小舟が木の葉のように

波にもまれています。

すでに船には櫂(舟を漕ぐ道具)もなく・・

二人は必死に舟のふちにしがみついています。

それでも初めは睨み合っていた二人ですが

嵐がひどくなるにつれ反目する余裕すらありません。

小舟は何度も波にのまれ、二人とも「もうだめだ」と

力尽きそうになったとき

大きなお釈迦様が現れて二人を子どもに返しました。

二人には何が起こったのかわかりません。

子どもたちはそれぞれが

ただただ大きな光に包まれているだけでした。

やがて嵐は止み

小舟には二人の子供がきょとんと乗っています。

 

そこにこんなメッセージが・・

「人間同士のエネルギーが絡まりあうとイトがもつれて動けなくなる。

自分の心身を光で包むとイトのからまりやわだかまりがほどけてゆく。」

というものでした。

 

カタカナでイトと出てきたんですが

イトは赤い糸とか意図に通じ

身近な人間関係は確かにそんなイトが

からまりやすい状況といえるかもしれません。

 

小舟のビジョンはそこまででした。

が、奥様の目には大粒の涙が次から次へと溢れてきます。

 

「呉越同舟ですね・・」と奥様が笑っておっしゃいました。

 

ビジョンではお二人が子どもに戻られたのを見ただけで

力を合わせて乗り越えたとかではないものの

深く心に響くものがおありのようでした。

 

その後、ハーブティーを飲みながら色々お話をし・・

「あ〜。さっぱりした!」とえらくスッキリしたお顔は

サロンの扉を開けて来られた1時間前の表情と同じではありませんでした。

 

スピリチュアルリーディングではたとえ話として

クライアントの目の奥や体の後ろに現れる映像をお伝えしています。

 

お釈迦様が現れたという場面がとても気に入られた様子で

「この話、絵本にできそうやね!お話を聞いてる間に私にも見えた気がしたんよ」

とおっしゃってました(笑)

「すぐに主人と仲良くなれへんかもしれんけど

あれだけ腹がたっていた気持ちがおさまっているのが不思議やね。

このたとえ話は人間関係とかで悩んでいる人に役に立つんと違います?

何かそんな気がします。家に帰ったら娘にも話しますね。」とお帰りになりました。

 

そうですね。

お釈迦さまがあらわれたとき

(名乗られたわけでないのでお釈迦様かどうかはわかりませんが。そういうイメージでした。)

このビジョンは一篇の映画を見ているような美しい映像でした。

 

もしかしたら、このたとえ話が誰かの胸に響いてゆくかもしれません。

 

あなたの胸には・・?いかがでしたか。






Salon de Angelica

電話番号:090−7090−0808

所在地:滋賀県大津市馬場2−6−12FLAP305

営業時間:10:00〜18:00

定休日:営業カレンダーをご覧ください。


サロン情報・アクセスはこちら